06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
最終兵器?
 
<< いたちごっこッッッ!!!w | main | 「兄貴」と呼びたいッッッ!!!w >>
本日、お待ちかねのソフトが到着うぅッッッ!!!♪
ComicStudio EX3.0 for Mac OS 10 !!!

今回Hのところで仕事を手伝ってみて
最近の丸ペンの質の低下っぷりに愕然!
オレは昔買い貯めた在庫がまだかろうじて有るので
今回のJOJO本もそれで描けたのでまだ良かった。
Hは月産100pオーバーがデフォw,200p以上の時も。(大汗)
なのでいくら買い貯めておいてもたかが知れている.....。

オレの腕が鈍ったのかッッッ!??
と青ざめてしまうくらいのペン先の質の悪さ!!!
騙し騙し描くので時間が掛かるしイライラするし。(怒w)

なのにペン先の値段が又上がるんだそうだ!o.O;
ペン先の需要は年々減少の一途をたどって来たので
「金型」を新しく作っても採算が合わないとか。
10年以上前にそんな話を聞いた。
その時点でもう既に、生産された時期が昔のものほど
質が良いのだと聞いたので買い貯めて置いた。

「金型」は古いままだし、材料の金属も
いわゆるIT関連事業に回されてしまうし、で
いっそ、ピグマで描いた方がマシかっ!??な有様。

自慢じゃ無いが(ならんって!w)オレは原稿を汚すタイプだ!w
Gペンだろうが丸ペンだろうが
ブットク入れて鋭く抜いて、線のメリハリ命!
当然インクが乾き辛いのでズるw。
定規で線を引いても集中線とか、以下同文んんッ!
そして自分の手もインクでと言うか墨汁で汚す。
顔まで汚して髭付きな事なんざショッチュウよッ!(爆)

何より辛いのがアナログで描く時の姿勢
Macのモニターで色塗りする時は
背筋を伸ばして画面からの距離も一定で描ける。
(細かいトコは「拡大」すれば良いんで)
これがどんなに楽な事かッッッ!!!!!
閉めきりぶっちぎりの修羅場を二つしてみて痛感。

後ね、トーン!最悪ッッッ!!! 思うように切れないし
細かいクズが原稿とかカッターにくっ付いて取れないし
イライラする事この上無し!
もとからトーン張りは嫌いなんだよ!
トーンはずっとおんせんが貼ってくれてたので気付かなかったが
トーンの質も落ちてるなと、今回確認。

なのでアシから帰った日に即注文。
おかげで「アシ代」はフットんで行きましたが
(布団が吹っ飛んだ:ギガントオレのツボなだじゃれw)
様子見していたけど「潮時だな」と実感。

又しても自慢じゃ無いが
オレは下描きの時にも原稿全体をグレーにするほど
Bとか2Bとかのシャーペンで「ゴリゴリ」描く。
自分の手まで真っ黒でザラザラするまで書き込む。
原稿全体に消しゴムを力一杯かけないといけないw。
消しゴムかけで筋肉痛ってどうよッッ!??w

早速試運転してみましたが思った以上の気持ち良さ♪
PSとほぼ同じ操作形式なので
マニュアルとかもいらないカンジ。
(今時のソフトなのに「撲殺」出来る厚さのマニュアル本
付いてましたよ。前世紀の遺物?:激爆)
多分、一番時間をかけなきゃいけないのは
自分に一番合ったセッティングを探す作業。
それさえ獲得してしまえばこっちのもんだ!

なので春コミ合わせの原稿を試験代にして
オールデジタル入稿を目指したいと思います。
さあ、楽しくなって来ましたよ〜〜〜♪

ところで中国の友人から相互リンクを、と
嬉しい申し出を受けました。
ここのLinkには既に加えておきましたが
ゲーム会社でグラフィックを担当してる
Speedyこと、疾速kの絵はパワフルで重量感のある
「好很酷」=Veeerrryy COOL!!!、な絵が揃ってます!
中国のサイトなのでちょっと重いんですが
千両花火
覗いてみて下さい。
 
auther:加賀谷鴻一, 仕事人ッ!!!w, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
Comment
 









 
 
Trackback URL
 
トラックバック
,
 
 
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.