10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
追悼:市川崑監督
 
<< Action! だけじゃねーぜッッッ!!!w | main | The Old Rover >>
エヴァンゲリオン,これももう一昔前のアニメに成ってしまったが
昨年新たな劇場版が発進した。
最初のエヴァが始まった時
あの大胆で斬新な文字のレイアウトに誰もが息をのんだと思うが
それは市川崑監督がその何十年も前に既に行っていた事だった。

常に映像の最前線を走り続けた監督だった。
飽くなき探究心の持ち主だった。
我々,加賀谷鴻一とおんせんたまごにとっては
日本映画はまず市川崑監督在っての黒沢監督だった。

齢90を超えてもメガフォンをとり
いみじくも「犬神家ー」のリメイクが遺作と成った。
最初の「犬神家ー」は何度DVDを観たのか数えきれない。
いつ観てもその映像は新鮮で斬新であり続けた。

ニュースによれば「胸が苦しい」と入院し
間もなく眠るように息を引き取ったそうだ。
正に大往生。

1日100本のタバコを吸い走り続けた映画人の
誰もが夢見る様な最期。

自分たちもかく在りたいと思いつつ
このタイミングでの訃報は
我々に特別な感慨をもたらすものだった。
何故「特別」であったかはいずれ語るとして
市川崑監督,あなたが映画界に,そして我々に
もたらしたものの大きさは計り知れません。

天国に着いたとたん,メガフォンとタバコを探しそうな貴方
今暫くはお休み下さい。

犬神家の一族
 
auther:加賀谷鴻一, 熱い映画, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
Comment
 









 
 
Trackback URL
 
トラックバック
,
 
 
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.