12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
キツネに鼻をw
 
<< 鎮魂歌 | main | 新しいメカ! >>
 今日はちょっと不思議な話。

この間触れたドニー・イェン祭に
昨日出かけたのです。

メールや地図もプリント・アウトして
迷わず会場にたどり着けるよう
前夜のうちに準備済み。

開場が18時、開演が18時半で
どんなにかかっても一時間ちょっとだろうと
それよりも早めに家を出たんですが...。

一つ目の乗り換えポイントに着いたとき
早くも問題発生。

どの路線に乗り換えたら良いのかを
主催の方からは明記されてなかったので
ちゃんと自分でチェックを入れたのですが
.....どこの駅に向かうのかが書いていない。
えええええ?

受け取ったメールが
不備だらけだったので
調べておいた筈なのに
オレも肝心の所を抜かしている。

ぬう...、と、思い駅員に相談。
本を調べて教えてくれたんだが
その路線にある駅名は上に余分な地名が付いている。

ちょっと悩んだが、いつものなんとか成るさで(ヲイw
その路線でその駅へ。

着いてみて判明したこと。
その駅は、その路線の途中から
別の路線に乗り換え、
更にもう一回乗り換えねばならないと言う事。

なんてこったい。orz

気を取り直して仕切り直し。
た筈なのに、何故オレは反対方向
行きの電車に乗ってるんだ?(°Д°)

この後、何回もこんな事が続く。

カーナビで教えてもらっても
駅で教えてもらっても
やればやる程巻きがこんがらがって行く
毛糸巻きの様に事態は一向に好転しない。

やっと目的のビルに辿り着いたが
更にはビルの中自体がダンジョンの様。(笑

同じ壁の枝分かれしたダンジョンに
散りばめられた無数のエレベーター
真・女神転生を思い出しちゃうなっと。

て言ってる場合じゃないので
玄関まで戻って警備員さんに連れて行ってもらった。

ああ、やっと会場に着いたよ〜〜〜。
半泣きで「済みませ〜ん」と言ったら
出て来たスタッフの方が
ドニー・イェン祭ならもう終わる所でして。
と、ヌカしやがった。

「はい?」

始まってまだ一時間経ってない筈じゃん!

「試写会ではなくトーク・イベントですので」
と、申し訳なさそうな顔をするけどさ
こっちの気持ちは収まんないじゃんよ。

お知らせのメールを改善するようめっさ抗議!

更にはもう終わるから入れてくれないと言いやがるので
「谷垣さんに会えませんか?知り合い(事実)
なんですけど!」と、食い下がる。

ではこちらでお待ちください、と待たされる。

やがて奥の方から聞き慣れた声がして
「やあ」と言っていつもの元気な谷垣さんが
顔を出してくれた。

下村監督にも、SPLでドニーのスタントをした方にも会えて
オレの魂ゲージ、超ハッピー状態に激変。

友人のTさんにも会えたし
谷垣さんがドニーから貰った
お宝グッズも写真に撮らせてもらったし。

絵描きが欲しい時にはボランティアします
と、名刺を配って営業して来たし(マテw

すっかり幸せになって谷垣さんと別れたのだけれど
キツネに鼻をつままれたように歩き回り
捻挫した足がまだ痛むのに階段の上り下りをした
足の痛みが一気に襲って来た。

これ以上キツネに化かされるのは御免被る!

タクシーで東京駅に行って、乗り換え無しの
電車一本で、帰りは眠りながら何事も無く帰還。

谷垣さん達に会えたから良いけれど
ドニー・イェン祭の本編の方は
まるで誰かに邪魔されているように辿り着けなかった。

これは誰かの嫌がらせなのか、
それとも誰かが親切でオレを止めてくれたのか。

どう思います?

誰かが気を利かせてくれたのかも。
オレは何となくそんな気がしています。

 
auther:加賀谷鴻一, ドニー・イェン, comments(2), trackbacks(0), - pookmark
Comment
 
こんばんは。
こちらでは はじめまして・・。
お邪魔します(ペコリ)
あの日、そんなことがあったのですね!
でも逆に谷垣さんたちや
ご友人に逢えるようにキツネさんが
仕組んだ魔法だったのかも・・なんて
ふと、そんなことを思ってしまいました。
足の具合どうですか?お大事にしてくださいね。

ドニ兄祭りの本編は新米ファンのガオには
初めての映像やお話ばかりで楽しかったです。
でも全部墓場にもっていかなければいけません(笑)

では・・♪
ガオ, 2011/04/15 1:01 AM
本当に不思議な一日だね。ついていないと思いきや会いたい人とちゃんと会えたね!よかった。正に「運命」と書いてさだめだぜ〜ってか今回捻挫をちゃんと完治してね〜
レイ, 2011/04/15 12:46 PM









 
 
Trackback URL
 
トラックバック
,
 
 
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.