10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
終の旅路に...
 
すっかり,サボってました。すいません。^_^;
サボってた間の期間は,毎年,体調も気持ちも乱高下して
自分で,自分が手に負えなくて困ってみたりwしてましたが
今年になって,原因は,持病の喘息と分かりました。

発作らしい発作も出てなかったので気付かなかったんですが
相棒のおんせんが「お前、寝てる間,発作出てたぞ」と言ったので
「ええ?」と思い、喘息の主治医にTEL。
そしたら「すぐ来なさい!!!」。o.O;
「えええ?」と言ったら「喘息は死ぬの!来なさい!」

いつも思うけれど,体調が悪いのに病院へ行くって,
もっと体調悪くなる事てんこ盛りじゃん!w

幸い,入院とかの騒ぎには成らなかったけど
予防吸入は『必ず』するよう念押しされました。

その後は少しづつ体調回復。
とか,思ってたら花粉が来て,目が痒い!
えぐり出したいくらい「痒〜〜〜い!」w

でもこっちの方は,年々進化する市販の薬で解決。

新しいアルガード,値段に見合った働きをしてくれます。GJ!
やっと,何とか「通常運転」に戻りました。
やれやれだぜw

さて,本日は,アカデミー賞の発表。
日本からノミネートされた2本は
何となく「オスカーを取るな」と根拠は無いが確信が有ったのでw
(どうも,なんか「予知能力」的なものを有しているらしいオレw)
オスカーを取った事には,「やっぱりね」でしたが
驚いたのは,「送り人」の英語のタイトル!

Departures

何と言う,的を得た,奥深い英題であろうか,と。

日本の洋画(含:アジア映画)のタイトルの
どれをとっても「何考えてんだ?」な
作品に対する思いやりの無い邦題ばかり!(怒)状態を,思うと
増々,素晴らしさが際立つね!=3

一応マンガ描きとして,これが決まれば「勝ち」
と言う項目が,2,3有るけれど,タイトルもその一つ。
自分にとって「ストン」と収まる,好いタイトルが出て来た作品は
大抵、満足のいくものに成ります。

読み手側に回った時も,それは同じ。
マンガに限らず「物語」であるものに取って
タイトルの与える影響は大きいんですよ!

そして,アカデミー賞全体を見ても
何か,流れが変わったな,と言うカンジがしましたね。
その新しい潮流が,我々を革新へと導く流れである事を
根拠は無いけど,確信してたりする自分。w

今年は,我らが甄子丹も,5本の映画に出る事がもう決まっていて
こちらも流れが変わった気が。

深層心理分析テストをしてみたら
「あなたの求めているものは革命です」と出たオレw。
ああ,大好きだとも,革命!!!
チェ・ゲバラ的なものと言うよりは世紀末救世主的な
結局は「破壊神」的なもの限定ですがw。
我が征くは修羅の道。(爆


ところで「葉問」,香港版、英語字幕で観ました。
静かな佇まいの美しい映画でした。
この映画の味わいを何と表現したら好いのか。
なので又改めて,なんか、書くと思います。
甄子丹の詠春拳は,正に美しいの一言でしたv。
 
auther:加賀谷鴻一, 熱い映画, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
追悼:市川崑監督
 
エヴァンゲリオン,これももう一昔前のアニメに成ってしまったが
昨年新たな劇場版が発進した。
最初のエヴァが始まった時
あの大胆で斬新な文字のレイアウトに誰もが息をのんだと思うが
それは市川崑監督がその何十年も前に既に行っていた事だった。

常に映像の最前線を走り続けた監督だった。
飽くなき探究心の持ち主だった。
我々,加賀谷鴻一とおんせんたまごにとっては
日本映画はまず市川崑監督在っての黒沢監督だった。

齢90を超えてもメガフォンをとり
いみじくも「犬神家ー」のリメイクが遺作と成った。
最初の「犬神家ー」は何度DVDを観たのか数えきれない。
いつ観てもその映像は新鮮で斬新であり続けた。

ニュースによれば「胸が苦しい」と入院し
間もなく眠るように息を引き取ったそうだ。
正に大往生。

1日100本のタバコを吸い走り続けた映画人の
誰もが夢見る様な最期。

自分たちもかく在りたいと思いつつ
このタイミングでの訃報は
我々に特別な感慨をもたらすものだった。
何故「特別」であったかはいずれ語るとして
市川崑監督,あなたが映画界に,そして我々に
もたらしたものの大きさは計り知れません。

天国に着いたとたん,メガフォンとタバコを探しそうな貴方
今暫くはお休み下さい。

犬神家の一族
 
auther:加賀谷鴻一, 熱い映画, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
 1/1PAGES 
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.